私たちの家づくり

品質を守る3つの約束

トータルハウジングがお客様へ変わらぬ品質と上質な建物をご提供するために、
大事にしている3つのお約束事があります。

C値(気密値)=0.9以下ルール

家に“すき間”ができるのは
避けられません
しかし、そのすき間をできる限り
小さくすることはできます

床面積に対するすき間面積の割合
それが「C値(気密値)」です

C値(気密値)とは、お家の床面積に対するすき間面積の割合です。すき間の割合が小さい程性能がいい家になります。隙間面積5.0c㎡/㎡で『気密住宅』2.0c㎡/㎡で『高気密住宅』と言われます。一般的に、家をつくるとすき間ができることは避けられません。例えば、エアコンのダクト・給排気の開口部・サッシ廻り・壁の中等が代表的です。

当然ですが、すき間が大きいと
身体にも環境にも悪影響です

家にすき間がたくさんあると夏暑く・冬寒い、エアコン効率が悪い家になります。また、建物は法令に基づいて換気計画がなされますが、その計画通りに換気されないこともあります。そしてエアコン効率が悪いと、例えば冬場にリビングだけ暖房が効いていて廊下やトイレが極端に寒い、など局所暖房になりがちです。特に鹿児島県は脳血管疾患・呼吸器疾患の患者数が全国でも上位に位置しておりこれは家の中の温度差が大きく影響しているといわれているのです。

部材はもちろん、ひと手間かけて
すき間を小さくしていきます

トータルハウジングでは「高気密住宅」と言われる気密値2.0を更に上回る、C値=0.9を目指してお家づくりに取り組んでいます。たとえば、サッシ回りのすき間をなくすための工事を行ったり、基礎断熱をしている現場では、基礎と基礎パッキンの間もふさぐ工事を行ったりと、できる限りすき間をなくすために様々な工夫を重ねています。

数値毎にすき間の大きさを比較!家中のすき間を一ヵ所に集めると?

図表は家中のすき間を一ヵ所に集めた場合、C値の違いでどれくらいすき間の大きさに違いが出るのかを表しています。(延べ床面積110㎡/33坪相当の家の大きさで計算)ハガキに例えると、C値=5.0c㎡/㎡で約3.3枚分、0.9c㎡/㎡で約0.6枚分となります。お家のすき間の大きさは、家の性能を大きく左右します。より高機密・高断熱のお家を目指して、トータルハウジングは気密工事に取り組んでいます。

8%ルール

収納率は床面積の8%以上
廊下率は床面積の8%未満

トータルハウジングでは、廊下を無駄なスペース(予算上)と考え、また快適な生活を提供するために片付けやすい家をご提案しています。その根幹となるのが私たちが独自に設定した8%ルールという設計におけるデザインルールです。無駄な廊下を極力省き、用途に合わせた適切な収納、プラスαの空間をご提案いたします。

圧倒的な効率アップ
お洗濯の強い味方「サンルーム」

鹿児島県民を困らせる「降灰」。いつ降ってくるか分からない灰のせいで、お洗濯が悩みの種になっている方も多いのではないでしょうか。トータルハウジングが提案するサンルームは建物のデザインを邪魔しない、お洗濯物干し専用のスペース。雨や灰、花粉等から衣類を守ります!洗う・干す・たたむを同じ場所ででき、お洗濯をよりラクに楽しくできます。

意外と場所をとる食品や日用品
「パントリー」ですっきり

キッチン横にパントリー(食品収納庫)を設けると、驚くほどキッチンがスッキリとします。缶づめなどのストック品やお米や野菜、洗剤やキッチンタオルなど、収納に場所をとるものをはじめ、使用頻度がそれほど高くないホットプレートなどなど、食品や日用品をスッキリ収納。また意外と置き場所に困るのが大きなゴミ箱。キッチンをきれいに保つ秘訣は、適切な収納を設けることがポイントです。

あるだけで収納上手に
「ウォークインクローゼット」

憧れの収納と言えばウォークインクローゼット。衣類をハンガーにかけて収納できるので、たたみジワも気になりません。また、スーツケースなどの大きな荷物の収納場所にも困らないのも嬉しいですね。大容量収納で、衣替えも楽々です。

採光1/5ルール

明るい家庭は、
明るい家から 採光率≧1/5

トータルハウジングは子どもたちが勉強する環境・幼稚園で明るく過ごす環境と同じ明るいお家を実現します。日中室内が明るく、照明が不要な家はCO2の削減になり、エコにもつながります。明るい家庭は明るい家から。私たちは家族の未来を明るく照らす健やかな住まいづくりを目指します。

建築基準法で定められる
居室の明るさ基準

住居の開口部(窓)の面積は、有効採光面積を居室の床面積で割った割合が1/7以上であること、決められています。これはつまり、建築基準法によって、室内に入る光(採光)の最低基準が設けられているということです。

窓の大きさ以外にも。
採光計算に必要な要素はたくさん。

採光率がいくらであるかを出すのには、窓の大きさだけを考えればいいわけではありません。家から隣地境界までの距離や、窓の中心から軒の高さまでの距離など、室内に入る光を遮る可能性がある要素を考慮しなければなりません。トータルハウジングが目指すのは、子どもたちが過ごす幼稚園や小学校と同じ基準の明るさですので、もちろんそういったことも考えながらご提案をしています。