あるある!と思ったらそろそろ「楽カジ」かも? トータルママの楽カジ劇場

最近、マイホームを建てたいと思っているトータル一家。
せっかく家を建てるなら、家事も育児も楽しい家にしたい。
それがトータルママの願いです。
理想的なマイホームづくりのヒントを探してみると
一家の日常に気になる12のストーリーがありました。
みなさんにも共感できる“ストーリー“ありませんか?

第6回「らくらく省エネ。環境にもお財布にも優しい家づくり」の巻

暖かかった年末年始の暖冬が唐突に終わりを告げ、一気に寒くなる鹿児島の冬。その寒さにようやく慣れた頃、突きつけられるのが跳ね上がった光熱費です。毎年のことながら、「こんなに!?」と驚いてしまう方も少なくないのでは?トータルママの節約はやり過ぎだとしても、冬場の光熱費をできるだけ抑えたいと思うのは当然の願いです。トータルハウジングのポリシーである2×4工法は、省エネ性能も抜群。選りすぐりの建材・設備も合わせてご紹介します。

一年中快適に過ごせる2×4住宅の実力
節約なしで光熱費を抑える省エネ性能

高気密・高断熱で温めた空気を逃がさない
壁&開口部(窓)の断熱もしっかりと

壁材として天然木材をふんだんに使い、外気をシャットアウト。省エネ等級4を超える性能を発揮する断熱材に、窓には複層ガラスの樹脂サッシを標準採用することで高気密・高断熱な住まいを実現しています。居住スペースは外気の影響を受けにくいため、暖房で暖めた空気を逃がしません。暖房の頻度が少なくても快適な温度を保てるため、無理をしなくても光熱費の節約ができるのです。夏場ももちろん同じ効果が得られるので、鹿児島の猛暑の強い味方となります。

居住部分は、まるで魔法瓶のような気密性構造。

2×4工法が可能にするC値=0.9以下ルール

C値(気密値)とは、床面積に対する隙間面積の割合。数値が小さいほど気密性が高い住宅で、2.0㎠以下が高気密住宅と言われます。弊社は2×4工法と様々な工夫で、C値=0.9㎠以下を守っています。

高性能かつ取り入れやすい断熱材

断熱材の性能は、その厚みと密度で決まります。居住スペースに影響の出ない厚み、その上で省エネ等級4をクリアできる密度、そして費用面など総合的に判断し最適なものを選んでいます。

外からの冷気を遮断する樹脂サッシ&複層ガラス

家の中で、最も外気温の影響を受けるのは開口部、すなわち窓です。一般的なアルミ製に比べて熱伝導率の低い樹脂サッシと、Low-E複層ガラスを組み合わせで断熱性を高めます。

トータルママも納得の楽カジコラム

光熱費カットの強い味方“オール電化”

新築を建てられる方のほとんどが希望されるオール電化。その理由はやはり光熱費です。電気とガスで分けていたものを電気に一本化することで、大幅なコストカットにつながり好評をいただいています。ガスと併用する場合に比べて、工賃を抑えられるのも嬉しいポイント。これに2×4住宅の省エネ性能も加わるため、賃貸にお住まいだった頃との違いに驚かれるお客様も。また「キッチンだけはガスを引きたい」といった細かな要望にも、もちろんお応えいたします。


断熱だけでは危ない?遮熱の重要性

断熱に比べてあまり浸透していない遮熱ですが、夏の暑さが厳しい鹿児島ではとても重要なこと。遮熱対策のない住まいの場合、太陽光で暖められた外壁の熱が内壁を通じて室内に進入してしまい、室温はどんどん上昇します。この現象を防ぐため、弊社では“遮熱透湿防水シート”をご提案しています。外壁の内側にこのシートを貼ると、外壁から伝わる熱を反射するため室内への熱の進入を大幅に減らせます。さらに、住まいの防水性も向上する優れものです。


将来を見据えた新基準の環境性能

2013年に施行された改正省エネ基準。断熱性一つとっても、現在の省エネ等級4(最高等級)が最低基準になるなど、一歩進んだ環境性能が求められています。新築住宅を対象に、2020年からは新基準への適合が義務化されるため、不適合住宅は再工事などが必要になる可能性も。トータルハウジングでは将来を見据えて、この新基準の環境性能に準じた設計・施工に取り組んでいます。快適な生活と光熱費削減を両立できるので、住まい手にとってもメリットの大きな家づくりです。


お客さまの声

実際にトータルハウジングで
お家を建てられたお客さまの声を
ご紹介します。

オール電化にしたことで、光熱費が思った以上に安くなり驚いています。賃貸に住んでいた頃とは比べ物になりません。IHクッキングヒーターは手入れも簡単で、妻も嬉しそうです。

薩摩川内市 K様

窓から伝わる冷気や、したたるほどの結露。悩みの種でしたが、複層ガラスの樹脂サッシだとほどんど気になりません。冬場でもカーテンを開けて、部屋に日光を取り込めて気持ちいいです。

姶良市 T様

高気密・高断熱のおかげで、以前より暖房を弱くしても十分温まるようになりました。夏場も同じで、少しの冷房で涼しさが持続して、冷房が苦手な私でも快適に過ごせています。

鹿児島市 H様

家づくりをご検討中の皆様へ
まずは「楽カジ」の魅力を体験できる、モデルハウスに出かけてみませんか?

他のトータルママの楽カジ劇場を見る