あるある!と思ったらそろそろ「楽カジ」かも? トータルママの楽カジ劇場

最近、マイホームを建てたいと思っているトータル一家。
せっかく家を建てるなら、家事も育児も楽しい家にしたい。
それがトータルママの願いです。
理想的なマイホームづくりのヒントを探してみると
一家の日常に気になる12のストーリーがありました。
みなさんにも共感できる“ストーリー“ありませんか?

第10回「意外と忘れがち?リビング収納」の巻

寝室やキッチンに比べて、意外と忘れがちなリビングの収納。子育て中のママに聞いたアンケートでも、収納が足りないと感じる場所としてリビングは上位にランクインしています。トータルママも組み立て式のラックで収納を増やしていましたが、次々に増える物とのイタチごっこになっていましたね。今回は、そんなリビングの収納不足を解消するトータルハウジングの提案をご紹介します。

人が集まれば物も集まるリビング問題
上手に収納するための家づくりの工夫

クローゼットやスキップフロアで
リビングに置きたい物をスッキリ収納

リビングに置きたい物として、ご要望が多いのは掃除機などの掃除用具、学校関係の書類や文房具など。乳幼児がいらっしゃるご家庭では、おむつやミルクなどのストックも加わります。これらを収納するのに便利なのが、0.25畳~0.5畳のコンパクトなクローゼットや、リビングから行き来ができるスキップフロア。人目に触れないように収納できるので、急な来客があっても安心です。

掃除機やストックが収まるコンパクトなクローゼット

使用頻度は高いけれど、リビングにそのまま置くには邪魔な掃除機。家族以外の人の目に触れる機会も多いことを考えると、できれば隠して収納したいところです。弊社では0.25畳~0.5畳の少し小さめなクローゼットを提案しています。掃除機はもちろん、買い置きのストックをまとめるのにも便利です。

スキップフロアに書類や文房具を集めて

日々増え続ける子ども関係の書類や、何かと使う機会の多い文房具。これも、できればあまり目立たないところにしまいたいですよね。リビングに面してスキップフロアを設けると、普段くつろぐ場所からは目の届かない位置に書類・文房具をまとめられます。広さによっては、ちょっとした作業スペースを確保することも。

キッチンカウンター下も収納に活用

リビング側のキッチンカウンター下のスペースも、収納に活用できます。低い位置の収納は子どもにも扱いやすいため、子ども用の本棚に最適。片付けの習慣づけにも一役買ってくれるでしょう。子どもが大きくなってからは、ママの趣味のコーナーにしたり、家族の共有スペースにしたりと利用法は様々です。

トータルママも納得の楽カジコラム

テレビ台はリビングの雰囲気に合わせて

弊社では、テレビ台は既成品ではなく、造作棚として製作するケースがほとんど。テレビの大きさやリビングの雰囲気にマッチするものをお作りできるため、喜んでいただいています。また、AV機器や家庭用ゲーム機、DVDのコレクションなど、収納するものの種類や量も人それぞれ。事前のお打ち合わせで、ご希望に沿ったテレビ台のサイズ、デザインをご提案いたします。


お部屋を彩りを加える収納・ニッチ

リビングに実用的な収納が十分にあると、“見せる収納”を作る余裕が生まれます。インテリア雑貨や趣味のアイテム、グリーンを飾ると、お部屋がグッと明るくなります。内壁をくぼませて作る飾り棚・ニッチは、省スペース&低コストで設けられるのでおすすめです。幼稚園や小学校に通う子どもがいらっしゃるご家庭では、工作や絵、手作りのプレゼントなどを飾る場所として活躍してくれるでしょう。


お客さまの声

実際にトータルハウジングで
お家を建てられたお客さまの声を
ご紹介します。

以前は寝室から掃除機を運び出して使っていましたが、今はリビングにある掃除用具用のクローゼットにしまっています。モップやほうき、クリーナーも同じ場所にしまえてとても便利です。

霧島市I様

子ども関係の書類はよく取り出して見るので、リビングに置きたいとお願いしたところ、スキップフロアを勧められました。段差が適度な目隠しになるので、人目もあまり気にならず助かっています。

日置市H様

リビング作ってもらったクローゼットはコンパクトですが、おむつやミルク、おしりふきのストックを入れるには十分な収納量。毎日大量に使うものなので、たっぷり買い置きできて安心です。

枕崎市A様

家づくりをご検討中の皆様へ
まずは「楽カジ」の魅力を体験できる、モデルハウスに出かけてみませんか?

他のトータルママの楽カジ劇場を見る