TOTAL HOUSING

トータルハウジングは住宅メーカーとして社会・地域の未来と向き合いSDGs(持続可能な開発目標)に取り組んでいます。

 私たちは「完成した我が家を見て感動し、そして長年住んでもその感動が維持され満足していただける物と心の提供」を経営理念とし、住まう人の心身を優しく癒してくれる、真の健康住宅の追求。住まう人が日々の暮らしを楽しく、住むほどに愛着が深まる住宅のご提案を着実に推し進めて参りました。

そんな中、2015年、国連サミットにてSDGsと呼ばれる持続的な世界を実現するための17の目標が採択されました。この理念ならびに目標に賛同し、事業を通じてその実現に貢献することを宣言いたします。

 明るい未来の街づくりを皆様とともに。お施主様やパートナー様、地域の皆様と協力しつつ、私たちにできることを考え、真摯に取り組んで参ります。

代表取締役渡邊 孝太郎

高気密・高断熱住宅でヒートショックなど健康被害を軽減し、健康増進と長寿命に貢献する住まいを提供します。

社内外での勉強会、研修会の開催・参加支援により全社員の成長支援を行います。

営業企画会議における女性参加比率・女性管理職比率の向上、産休・育休制度を活かし、年齢・性別に限らない働きやすい職場環境づくりへの取り組みを行います。

省エネルギー住宅(ZEH・LCCM)を提供することで、エネルギー削減を促進し、地球温暖化対策へ貢献します。

長期優良住宅・耐震等級3を注文住宅全棟で取得し、さらに制震ダンパーを採用することで安全な住まいを提供します。

SDGs(持続可能な開発目標)とは?

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは「SustainableDevelopmentGoals(持続可能な開発目標)」の略称です。2015年9月「国連持続可能な開発サミット」にて採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されている2016年から2030年までの国際目標です。貧困に終止符を打ち、地球を保護し、全ての人が平和と豊かさを享受できるようにすることを目指し、「世界を変えるための17の目標」が掲げられ、「地球上の誰一人として取り残さない(leavenoonebehind)」ことを誓っています。

資料請求・お問い合わせ

資料請求・お問い合わせ