TOTAL HOUSING

スタッフブログ

2021.6.25デザイン設計課

省エネ住宅について  ~LCCM住宅~

 

 

住省エネ宅のメリット

省エネ住宅とは、断熱、気密、換気、結露を防ぐなどの性能が従来よりも優れた住宅のことを指します。

省エネを達成するには住宅の高性能化が必要になります。そのため省エネ住宅には、夏涼しく冬暖かい、

光熱費が安くすむ、健康の維持ができるなどのメリットがあります。

その他にも、国の税制優遇措置を受けられる場合があります。 

省エネ住宅の指標について

省エネ住宅には様々な考え方があり、それによって様々な指標があります。

省エネ住宅の指標になる制度で代表的なものは以下の3つです。

・HEAT20

・ZEH(nearlyZEH、ZEHready、ZEH Oriented)

・LCCM住宅

今回はLCCM住宅について説明させていただきます。

 

LCCMとは「Life Carbon Cycle Minus」の略で、長寿命で且つより多くのCO2削減を目標とした制度です。

名前の通り、住宅の建設、居住時、廃棄までの一生涯、つまり住宅のライフサイクル全体で、

空気中へのCO2排出量をマイナスにする住宅のことです。

LCCM住宅の基準
⼀般財団法⼈建築環境・省エネルギー機構(IBEC)がLCCM住宅の認定を行っており、

ランク別に緑の☆の数で住宅を評価されています。

IBECによる評価で☆☆☆☆☆を取得すると、LCCM住宅として認定されます。

 

 

LCCMはCO2の排出率を基準とし、ZEHを更に発展させた指標で認定が厳しく、

2012年に国による助成金制度が始まってから約180件どの認定数にとどまっています。

弊社国分モデルもLCCM住宅です。

よろしければLCCM住宅を体感してはいかがでしょうか。

 

デザイン設計課 津曲

 

 

“ デザイン設計課 ”の最近の記事

デザイン設計課
2022.4.23

資料請求・お問い合わせ

資料請求・お問い合わせ