スタッフブログ

2018.9.29工務課

ある朝の一番街

誰もいない鹿児島中央駅一番街のある朝の風景

AM7:00 所用で一番街を傘をさしながら通ったのですが、

途中まで何も気づかず通りも終わりのころになり

 

『いや、待てよ』

 

何で一番街で傘をさす? 屋根が在ったはず  

 

ふと振り返り通りに目をやると、屋根が無く曇り空が覗いています。

 

 

この時初めて知ったのですが、開閉式の屋根だったんですね。

 

日頃何気なく通っている場所でも、時期や時間が変わると見た事の無い景色が広がっていますね。

 

そんな一番街の風景です。

 

芝原

 

 

“ 工務課 ”の最近の記事