スタッフブログ

2015.6.21薩摩川内支店

こんにちは 薩摩川内支店 永山です。

雨が続いております・・・まさしくこれは梅雨ですね。梅雨があけると熱い夏がやって来る?

01-blog-nagayama2015062102

さて、今回は熱についてご紹介させていただきます。

熱の伝わり方は、次の三態(伝導、対流、放射)に分類できます。
しかし、熱が伝わる場合、以下に述べるどれか単独で伝わることはまれで、一般的にはそれぞれが相伴った現象として生じます。

①伝導
伝導とは、主として固体中を高温側から低温側に熱エネルギーが伝わっていく熱移動現象です。
たとえば、鉄の棒の一端を手で持ち、他端を熱すると徐々に熱くなり、そのうちに熱くて握っていられなくなるような現象です。

②対流
対流とは、流体(気体や液体)の流れによって熱などが運ばれる現象です。
たとえば、冬季に室内でストーブを燃やすと、ストーブのそばの空気は暖められて膨張し上昇します。
その後周囲の冷たい空気が流入し、また、暖められた空気は上昇し、ということを繰り返して室内の空気温度が徐々に高まっていくというような現象です。

③放射
放射とは、物体表面から射出される赤外線(電磁波)によって熱が移動する現象です。
たとえば、床下に配管された鋼管に30~60℃程度の温水を流す床暖房の場合、暖められた床面から発せられる熱エネルギーが光のように進み
人体に到達すると、再び熱エネルギーに変わって暖かく感じるというような現象です。

 なお、熱放射は、空気がなくても(真空中でも)、また物体の温度が0℃以下であっても発生する現象です。

 こういった事を考慮して断熱のお家を提供しております。

“ 薩摩川内支店 ”の最近の記事