TOTAL HOUSING

スタッフブログ

2016.9.18薩摩川内支店

住宅建築

こんにちは、永山です。

最近朝・晩が涼しくなり、子供たちが運動会の練習に励んでいるのを聞くと秋なんだなぁと感じております。
日中はまだまだ暑いですが・・・。

 

今回は住宅建築についてご紹介させていただきます。

建築には、様々な種類(用途)のものがありますが
その中で住宅は最も基本的なものであると同時に、最も複雑なものであるということがいえます。

最近では、高齢化社会に配慮した住宅の重要性がいわれており
住宅を生涯住み続けられるようにするためには、身体機能を考慮して住宅をつくることが必要となります。

 

社会生活の原点となる住宅内における主たる生活行為は、「食べること」「寝ること」です。

「食べること」は、食堂や居間などを中心とした家族共通の場で行われ、家族の団らんや娯楽、さらには接客までもが含まれます。
特に、居間については家族生活の中心、すなわち「へそ」となるような位置に配置し
家族が集まりやすい、居心地の良いものとしなければなりません。

 「寝ること」は、狭義では就寝ですが、ここではもう少し広義にとらえて、勉強・休養・休息・更衣といった個人的な生活行為を含むものとします。
これらの為の空間は、寝室・子供室・書斎などでありますが、プライバシーが十分に確保できるように配慮しなければなりません。

 

住宅の構成について、ぜひご参考にしていただければと思います。

 

薩摩川内支店 工務 永山

“ 薩摩川内支店 ”の最近の記事

資料請求・お問い合わせ

資料請求・お問い合わせ