スタッフブログ

2016.10.30薩摩川内支店

色と感情

こんにちは永山です。
10月も終わりに近づいて景色の色も変わりつつありますが、まだ半袖で過ごしております。

今回は色による感情についてご紹介させて頂きます。
色は見る人にそれぞれ異なった感情を起こさせます。

① 暖色と寒色
  暖かく感じる色(赤から黄まで)を暖色といい、進出色ともいいます。
また、涼しいと感じる色(青緑から青紫まで)を寒色といい、後退色ともいいます。
なお、中間の黄緑や緑、紫や赤紫を中性色といいます。

 

② 膨張と収縮
  明度の影響が大きく、明度・彩度とも高いほど膨張して見えます。

 

③ 派手と地味
  彩度の影響が大きく、彩度が高いほど派手に感じます。明度も高いほうが派手に感じます。

 

④ 重いと軽い
  明度に関係し、暗い色は重く、明るい色は軽く感じます。また、寒色は重く、暖色は軽く感じます。

 

⑤ 硬いと柔らかい
  硬い・柔らかいは、明度・彩度に関連します。明度の低い色は硬く、高い色は柔らかく感じます。

 

色を決める時の参考になればと思います。

薩摩川内支店 工務 永山

 

 

“ 薩摩川内支店 ”の最近の記事