トータル一家のマイホーム計画 家づくり劇場

ついに家づくりをスタートしたトータル一家。
「家づくり劇場」ではトータル一家の
笑いあり涙ありのマンガと合わせて
トータルハウジングの家づくりの流れをご紹介します。
皆さまの家づくりの参考にしていただけたら幸いです。

第4話「理想を具体化する魔法のドリームシート!」

モデルハウスを見て、資金計画を考え、土地の見学をして、家づくり熱がどんどん高まっているトータル一家に手渡されたのは一冊の小冊子。その名も「マイホーム ドリームシート」。はて?これは一体?実は、トータルハウジングの家づくりでは欠かせないツールなんです。トータルパパとママが、ケンケンガクガク、すったもんだの末ようやく書き上げた「ドリームシート」の効果と目的をご紹介いたしましょう。

夫婦で楽しくチャレンジ!理想のカタチを共有しよう

  • 井口さん、「ドリームシート」楽しかったけど、
    なかなか大変だったわー。
    すっごく細かいところまでチェック項目があるんだもの!
  • 一生懸命書いてくださり、ありがとうございます!
    この「ドリームシート」。
    トータルハウジングでは5年ほど前から、
    改良を重ねながら使用しています。
    マイホームのご希望を伺う前に、まずはここからはじめるんです。
  • そうなのね!で、本当にこんな細かく必要なの?
    私やパパの趣味や、
    家事分担の割合まで確認するところがあったわ。
  • 理想のお家を考えるときって、ついつい部屋数や予算から
    考えてしまいがちなんです。でも最初はそういう型にはめずに、
    “どんな生活をしたいか”を軸に検討してほしい。
    例えば「自然とリビングに家族が集まるように」、
    「和室は普段は子どもの遊び場に」といった具合です。
  • なるほど!
    だから、今のライフスタイルを
    明確にする必要があるのね!
  • そうなんです。
    そのうえで、LDK、キッチン、和室、寝室、子ども部屋、
    その他設備と、一つひとつご希望を確認していきます。
    チェックシート形式が基本なので、
    サクサクと進められたかと思いますがいかがでしょう?
  • そうね!自分では思いつかないところもあったりして、
    夢が広がったわ!
    それに、私とパパ、2人分のチェックボックスがあって、
    「パパ、書斎が欲しかったのね」って気づけたり。
  • ご夫婦間で、理想を共有できることも
    「ドリームシート」の良いところですよね。
    実際にお客様からも…
    「夫婦で想いが違うことに気づけて、話し合うキッカケになった」
    「絶対にほしいと思っていた設備も、お互いのライフスタイルを
    見直したら必要なくなった」といったお言葉をいただいています!

今回のアンサーズポイント

  • トータルハウジングでは、マイホームのご希望を伺う最初の一歩として「マイホーム ドリームシート」のご記入をお願いしています。間取り、設備、ご予算はもちろんですが、まず確認したいのは“どんな生活をしたいか”です。ご主人、奥様それぞれの趣味や家事分担の割合など、様々な項目を用意し、理想のライフスタイルを探ります。
  • チェックシート形式が基本です。チェックボックスはご主人用、奥様用と2つあり、お互いの希望の共通項や違いが一目瞭然。実際にご使用いただいたお客様からも、夫婦間で家づくりの話し合いを持ったり、ライフスタイルを見直すキッカケになったと喜ばれています。

家づくりをご検討中の皆様へ
まずは「楽カジ」の魅力を体験できる、モデルハウスに出かけてみませんか?

他の家づくり劇場を見る