トータル一家のマイホーム計画 家づくり劇場

ついに家づくりをスタートしたトータル一家。
「家づくり劇場」ではトータル一家の
笑いあり涙ありのマンガと合わせて
トータルハウジングの家づくりの流れをご紹介します。
皆さまの家づくりの参考にしていただけたら幸いです。

第14話「住宅購入の節目。土地決済とは?」

ほとんどの方にとって住宅購入は人生最大のお買い物になるはずです。今回の「土地決済」では、パパもママもビシッとキメてきましたが、意外とすんなり終わってしまいましたね。しかし「土地決済」は土地の所有権を移転し、購入にかかる費用を支払う住宅購入の節目となるポイントです。どんな流れになるのか、見ていきましょう。

土地の費用を支払い、所有権を移転する大切な日

  • パパ、仕事も休んで気合入れてきたのに
    拍子抜けだったわね(笑)
  • いえいえ、土地決済は住宅購入の節目とも言える
    大切なポイントです。
    お二人揃って出席いただけて良かったですよ。
  • 確かに。土地の所有者になったんだ!
    って少し実感が湧きました。
  • そうですね。お金を支払うだけでなく
    所有権をパパに移転するという日でもあります。
    代金の支払いだけでもダメ。所有権の移転だけでもダメ。
    同時に行う必要があるんです。
  • 代金だけ支払って所有権が移転されないと買い主が困るし
    所有権を移転したのに代金が支払われないと売り主が困る。
    だからお金が支払われたら、すぐに司法書士さんが法務局で
    手続きを行うんですよね?
  • よくご存知ですね。その通りです!
    銀行も法務局も平日の昼間が業務時間なので
    お客さまにも平日に予定を空けていただく必要があります。
    もちろん代理人を立てていただくことも可能です。
  • なるほど~。だから銀行に集まったのね(!)
  • その場で関係者が書類や額面を確認しあい、
    不備ひとつないように手続きを進めます。
  • 一瞬でしたが、僕の口座に
    今までに見たことのない金額が
    記載されました(笑)
  • 融資はパパに対して実行されますが
    土地代や登記費用としてすぐに分配され支払われるので
    確かにあっという間の出来事ですね。
  • それでも大きく前進した感じで
    いよいよって感じね。楽しみが増してきたわ。

今回のアンサーズポイント

  • 土地決済とは「代金の支払い」と「土地の所有権を移転」を同日中に行う手続き。住宅購入の節目とも言える大事なポイントです。
  • 銀行と法務局が業務を行う平日の昼間に行います。場所は銀行が一般的です。
  • 融資は買い主の口座に対して実行され、そのまま土地代や登記費用として分配・支払いが行われます。

家づくりをご検討中の皆様へ
まずは「楽カジ」の魅力を体験できる、モデルハウスに出かけてみませんか?

他の家づくり劇場を見る