TOTAL HOUSING

楽カジのブ・ン・セ・キ

家づくりにまつわる“リアル”な数字や声をもとに
よりよい住まいを研究する、それが「楽カジのブ・ン・セ・キ」。
これからの家づくりの参考に、ぜひお役立てください。
File.03
お掃除時短のカギ
収納力をブ・ン・セ・キ

今回のポイント

「家づくりで重視したこと」第1位は収納。なのに「住まいに対する不満点」第1位も収納。そこには、収納も欲しいけど部屋も広くしたいという、家づくりのジレンマが関係しているようです。

収納率を床面積の8%以上、廊下率を床面積の8%以下にするトータルハウジング独自の“8%ルール”によって、無駄な廊下を極力省き、適切な収納を配置。部屋の広さも確保しつつ、十分な収納量も確保します。

当社が施工した分譲住宅で、実際に収納力を検証します!シューズクロークとハウスキーピングクローゼット、2つの実力はいかに?

ニッチ&飾り棚を上手く活用して掃除を楽にしましょう。子ども用のスペースを設けてあげれば、整理整頓を学ぶ機会にもなります。

Chapter1.収納の不満に見え隠れするジレンマ

アンケートに見る収納の実情

「楽カジのブ・ン・セ・キ」第3回は“収納力”について考えます!

実は収納力って、掃除のしやすさと深く関わっています。リビングやキッチンに物が溢れた状態だと、まずそれらを片付けたり移動させないと掃除が始められないからです。

片付けって、大人でも億劫なものですよね?収納が足らないと、どんどん掃除から遠ざかってしまい、“苦手意識”が植え付けられてしまいます・・・。

上記2つのランキングを見てください。こんなに大事な収納ですから、子育て中のママに聞いたアンケートでも「家づくりで重視したいこと」第1位は収納でした。

ところが・・・

戸建てにお住まいのママに聞いた「住まいに対する不満点」第1位も収納!これはどういうことでしょう?注目すべきは両方のアンケートの第5位にランクインしている部屋の広さ。

収納はもちろん大切。でもせっかくのマイホーム。広々としたリビングやキッチンも、当然手に入れたい。建てられる家の大きさは決まっている中で、収納力と部屋の広さを天秤にかけなければならない。そのジレンマが、アンケートの結果を生んでいるようです。

Chapter2.トータルハウジングの約束“8%ルール”

収納力と広さの両立は無理・・ではありません!

Chapter1では2つのアンケート結果から、収納力と部屋の広さの間で悩むママたちの実情を見ていただきました。あっちを立てればこっちが立たず、な状況ですが、2つの両立は本当に無理なのでしょうか?

実は両立、できるんです!

トータルハウジングでは、収納率を床面積の8%以上、廊下率を床面積の8%以下にする“8%ルール”というデザインルールをもとに設計を行います。ちなみに、実際の施工では収納率は平均12%。廊下率は、2階建ての住まいで1~2%ということも珍しくありません。

無駄な廊下を極力省き、住まいの各所に用途に合わせた適切な収納を配置。玄関にはシューズクローク、キッチンにはパントリーなど、ママたちの“欲しい収納”を叶えつつ、部屋の広さも確保する。当社独自の取り組みです。
大容量のクローゼットタイプのパントリー。
サンルームで毎日のお洗濯も快適。
使い方は十人十色の“KURA”。
シューズクロークで玄関まわりもスッキリ。

Chapter3.分譲住宅で実践!どれだけ収納できるか試してみた

調査の舞台となる「春山分譲住宅Ⅱ」

試してみなければ分からない、収納力のホントのところ

さて、ここからは当社分譲住宅へ舞台を移します。鹿児島市春山にある平屋・3LDKの住まいです。ここで何をするかというと・・ズバリ収納力調査です!

玄関にあるシューズクロークと、掃除用具やティッシュなどのストックをしまうのに便利なハウスキーピングクローゼットの2箇所を例に、実際にどれだけ収納できるのかを実践で試してみました。
右側・手前がシューズクローク、その奥がハウスキーピングクローゼットです。
まずはシューズクローク。

下の写真が空の状態です。3面に脱着可能な棚を配置。コートや傘が下げられるバーもあります。では収納していきましょう。今回は靴の他に、ベビーカーやおもちゃなど子ども用品、アウトドア用品など玄関に置いておきたい道具も用意しました。
そして収納後が下の写真。上段にはまだ余裕があります。取り出しの頻度が低いものなら、もっと収まりそうです。
収納していたものをズラリと並べてみました!以下内訳です。
パパの靴・・・13足
ママの靴・・・17足
子ども靴・・・6足

ベビーカー
傘・・・2本
釣り竿・・・2本
外遊び用おもちゃ
ガーデニング用じょうろ&バケツ
バーベキューコンロ
プラモデル&ラジコン
ハンディ芝刈り機

バイク用ヘルメット
ツールボックス
タイヤチェーン

これだけ収めてもまだ余裕がありますから、お子さまのいるご家庭には大変心強いですね!

次にハウスキーピングクローゼットです。
小振りなクローゼットですが、果たしてその収納力は?掃除機やフロアモップに加え、洗剤やトイレットペーパー、子ども用オムツなどストック品も用意しました。

下の写真が収納した状態です。取り出しやすさにも考慮して収めたので、実際はもっと入りそうです。
さて、こちらも収納したものを並べてみました。
内訳は下記の通りです。
掃除機・・・1台
フロアモップ・・・1本

ティッシュペーパー・・・30箱
トイレットペーパー・・・22ロール
キッチンペーパー・・・4ロール
トイレ用流せるシート・・・6つ
フローリング用シート・・・4つ
トイレ用芳香剤・・・3つ
トイレ用洗剤・・・1本
トイレ用洗剤(つめかえ用)・・・5つ
消臭剤・・・3本

粉ミルク・・・2缶
子ども用オムツ・・・1袋

カゴ(大)・・・2つ
カゴ(小)・・・1つ

かごの中身は空っぽですので、実際には緊急用のお水や保存食なども収めて、いざという時の備えにも役立ちそうです。

今回の収納力調査、「入り切らなくなるかも」というくらいの量を用意したつもりだったのですが、蓋を開けてみたら足りない(まだまだ収納できた)という結果に(汗)。

玄関まわりにこれだけ収納できるスペースがあれば、居住スペースに物を置かなくてすみ、快適に暮らせそうですね!

Chapter4.ブ・ン・セ・キMemo

実は掃除にも効くニッチ&飾り棚

最後に。
冒頭でも少し触れましたが、収納と掃除は切っても切れない間柄。物の“所定の位置”を決めるのはとても大切で、物が散らからなければ掃除の手間も低減します。

そこでオススメなのがニッチ&飾り棚の活用。ご夫婦それぞれの趣味の品や、お子さまの工作など飾る場所をしっかりと設けることで片付けの手間を減らせます。その上、部屋のインテリアとしてスッキリと魅せることもでき一石二鳥です。

お子さま専用の飾り棚を設ければ、そこで整理整頓の練習もできます。整理整頓は、ものを大切にする、責任感を持つなど心の成長にも大切な習慣です。

オーナー様の声

収納が、あって欲しいところにちょうどある。出し入れが楽で重宝しています。鹿児島市 T様

収納スペースがしっかり確保してあるので、片付けもしやすいし、見た目もゴチャゴチャするのを防げて助かっています。鹿屋市 W様

収納を広く取ってもらったおかげで後付家具が少なく、家具の裏に埃が溜まることもないので掃除が隅々までしやすいです。南さつま市 O様

楽カジのブ・ン・セ・キに戻る

資料請求・お問い合わせ

資料請求・お問い合わせ